上田栄民プロの「方向性を失わない飛距離アップ法」とは?

 

科学的にも証明された

 

ヘッドスピード上げる簡単な方法があった

 

ロングドライブ

 

しかも、体の動きを少し変えるだけ!

 

 

 

検証エイミンの「方向性を失わない飛距離アップ」の中身を見てみました。

 

栄民ゴルフ

 

体の動かし方をちょっと変えただけで、飛距離が伸び、

しかも方向性も失わないというのは本当なのでしょうか?

 

 

 

ゴルフが急にうまくなる人がいます。
この人達人に共通しているのは、上達のためのコツを見つけたから。

 

しかも、筋力トレーニングをしたり、スイングの大幅改造をしたわけではなく、
ある部分をほんの少し治しただけなんです。

 

コツはちょっとしたことなので、今すぐ誰でも取り入れることができ、即、実戦で役立つんです。
問題は、それを知るか、このまま知らないままかで上達に差が出てくるんです。

 

・どうしていつまでたってもうまくならないんだ?

 

・ゴルフ雑誌を読んでもちっともいいヒントが見つからない

 

・飛ばしたいけど腰が痛いのでスイング改造はしたくない

 

・年齢を考えても、いまさら筋トレなんかイヤだ

 

・新しいスイング理論をおぼえるなんて面倒くさい

 

・ほんのちょっとのことで劇的にうまくなるコツはないの?

 

・同じような体形なのに、どうして自分は飛ばないの?

 

テレビのゴルフ番組で、プロのちょっとしたアドバイスでその場でゴルフがうまくなるシーンを見かけますよね。
あなたの悩みも、ちょっとしたところを治すだけで劇的に変化するんです。

 

 

もし、今すぐ飛距離が10~15ヤード伸び、
しかも方向性が劇的に良くなるコツがあるとしたら、
あなたは試してみる価値はありますか?

 

 

当サイトでは、東京都内7箇所でゴルフスクールを開催し、ゴルフ雑誌でもたびたび登場して、
その教え方に定評のある上田栄民(エイミン)の「方向性を失わない飛距離アップ」について、
詳細にリポートしていきます。

 

短時間で上達のコツを手に入れて、スコアアップしたい方はもう少しだけおつきあいくださいね。

 

 

教材の詳細をすぐに確認したい方はコチラ⇒上田栄民「方向性を失わない飛距離アップ」

上田栄民プロの「方向性を失わない飛距離アップ」の中身

 

 

スイング軸を維持して、腕の使い方を覚える。

 

飛距離アップのためのコツが、すぐに感覚でつかめる。

 

 

上田栄民(うえだ えいみん)

 

上田栄民

PGA所属ティーチングプロA級。

1964年11月10日、東京都生まれ

 

東京国際大学商学部在学中に、米国バーモント州セントマイケルズカレッジに
ビジネス関係の勉強のため留学し、本格的にゴルフをはじめます。

 

一度、サラリーマンになりますが、トーナメントプロを目指して、
山梨・富士ロイヤルCCの研修生となり、
森田吉平プロ(故人)、永井滉之プロに師事。

 

2001年、「エイミンゴルフアカデミー」を立ち上げ、ティーチングプロとして本格的に活動を始めました。

 

2010年3月に、多摩センター駅前に自ら経営するインドア練習場
「エイミンゴルフアカデミー多摩センター校」を開所。

 

現在、計7カ所でレッスンを行っています。

 

最近、延べ1万人を超えるアマが飛距離アップを実現させたティーチングプロとして雑誌に登場、
その理論を展開しています。

 

取材をうけたゴルフ雑誌

 

● マニュアルのセット内容

 

 

教材PC画面

■ 本編 

 

オンライン映像教材(収録時間61分)

 

■ 特典

 

教材pdf

1.映像の内容をまとめたPDF34ページ(写真98枚使用)

 

2.エイミンゴルフスクールの体験会(通常3,000円)の1回無料券

 

3.全額返金保証制度あり

 

 

■ マニュアルのポイント

 

1.1000人超のレッスン生で証明された上達方法
2.ヘッドスピードをアップさせるコツが簡単
3.スイング改造をすることなく、3つの要素を取り入れるだけ
4.「腕の動かし方」に注目している点が他の教材と違う

 

 

ヘッドスピードを上げる簡単な方法を知らないで、飛距離不足に悩んでおられる人のための教材が
上田栄民プロの「方向性を失わない飛距離アップ」です。

 

 

 

 

年間1000人以上の飛距離に悩んでいるゴルファーがこの方法で飛距離アップ

 

公式ページ

 

 

上田栄民プロの「方向性を失わない飛距離アップ」を検証

 

練習場に通わなくても自宅でスイングチェックして、
簡単にヘッドスピードをあげるコツを覚えたいという方には、
イメージのつかみやすいゴルフ教材です。

 

 

1,右内側の回転軸が飛ばしのカギ

 

右軸をイメージ

「右内側の回転軸」は、ゴルフに限らず、野球、砲丸投げ、円盤投げなど、
飛距離を出す競技には共通したポイント。

 

特に体格の劣る女子プロゴルファーは、
最近この右内側の回転軸を生かしてスイングしているんですね。
最近ではそのスイングのことをヒップターンスイングとも呼ばれます。

 

女子プロゴルファーが、アマチュアのスイングスピードとさほど変わらないのに、
飛距離が出るというのはクラブの芯でボールをとらえていることと、
厚いインパクトを生み出しているからなんです。

 

 

2,腕の動かし方は一つだけ

 

腕の動かし方は大切!だけど、シンプルなものをひとつ覚えれば良い。

 

教材pdf

もしかするとあなたは、

「テークバックの腕の動かし方を教えて?」
「コックはするの?しないの?」
「腕のローテーションはどうしたらいいの?」
「トップで肘を曲げていいの?」
「トップの位置はどこ?」
など、いろいろ疑問があるかもしれません。

 

でも、トップからインパクト、フォロースイングまで数秒で終わってしまう一連の動きの中で、
腕の動きを細かく意識していてはヘッドスピードを上げることができないんです。

 

腕の筋肉は下半身の筋肉よりはるかに小さいからこそ、腕の動きをひとつに固定して
右内側軸を意識したスイングで、飛距離を手に入れるんです。

 

上田栄民プロの「方向性を失わない飛距離アップ」のデメリット

 

教材画面

・教材が映像61分というのは、少し短い気がしました。

しかし内容がわかりにくくて、難しい解説で教材のボリュームを多くみせるよりは、
伝えなければいけない上達のコツが大変わかりやすくまとまっているのが好印象でした。

 

・あなたがコンペなどでもときどきドラコンをとるぐらいのヘッドスピードがある場合は
この教材の飛ばす体の使い方はそれほど参考にならないかもしれません。
ただ、方向性の安定には大きく役に立つと思います。

 

・少しだけ専門用語がでてきますので、ゴルフを始めたての超初心者の方は
わからない用語などがあった場合は調べる必要があるかもしれません。
この点は、PDFなどに用語解説として記載してくれたらありがたかったかなぁ
と感じています。

上田栄民プロの「方向性を失わない飛距離アップ」を総括すると

 

ヘッドスピードを4~5キロは簡単にアップします。

 

上田栄民プロの「方向性を失わない飛距離アップ」を実践することによって、
今までずっとドライバーヘッドスピード40キロ前後、ドライバー飛距離200ヤードぐらいだったのに、
突然ヘッドスピードが45~50キロになり、飛距離が250ヤード以上になるといわれても、
想像もできませんよね。

 

栄民ゴルフスクール

でも、上田栄民プロのエイミンゴルフアカデミーで今まで年間1000人以上が受講し、

その殆どの方がヘッドスピードをあげることができた実践的な理論です。
しかも、ゴルフ初心者や100を切れない人こそ大きな効果が期待できるんです。

 

なぜなら、あなたのゴルフスイングを変えることなく、右サイドの使い方をちょっと変えるだけだからです。
しかも、この方法を取り入れる前と取り入れた後では、大きくヘッドスピードがアップすることを、
最新のスイング解析マシーンが証明してくれているんです。

 

でも、完璧なゴルフ教材はありませんから、購入して自分に合わないと感じた場合は全額返金保証制度が利用できます。
つまり3~6ヶ月間は、教材を試すことが出来るというわけです。

 

 

ヘッドスピードがアップ

 

上田栄民プロの「方向性を失わない飛距離アップ」は、
エイミンゴルフスクールで実際に展開されている飛距離アップとスコアを縮めるための方法をまとめたものです。

 

上達のコツがいたってシンプルであることに加え、スクール生のほとんどが飛距離をアップさせていることが証明してくれています。

 

あなたも、飛距離に必要な動きを手に入れてください!

 

 

 

年間1000人以上の飛距離に悩んでいるゴルファーがこの方法で飛距離アップ

 

公式ページ